初期のトレンドブログが集客を可能とするアフィリエイト戦略方法

トレンドアフィリエイトを開始した初心者が必ず陥ることに、ひと記事毎の結果を気にしすぎるということが挙げられます。ひと記事書く度に「Googleアナリティクス」や「AdSense」の管理画面を覗いては、やり方が間違っていたら、これまでも、そしてこれからの作業も全て徒労に終わるのでは?という心理からでしょう。

 

実践初期はドメインパワーも弱く、とにかく信じて記事を上げ続けるしかないのですが、頭で解っていたとしても、工数の割に収益が発生しないのですから半信半疑になるのは無理もありません。アクセスも1日に一桁なんてことはザラでしょうし・・・

 

しかし、初期には初期の戦い方があり、成功にいち早くつながりやすい方法というものもあるのです。今回はその手法を紹介しますので、なかなか成果が出ないという初心者の方は是非実践してみてください。

 

SNSの活用

アフィリエイトで情報を収集し始めると、遅かれ早かれ「バズる」という言葉を目に耳にする機会があると思います。これは検索エンジン経由ではない瞬間的な大量のアクセスが集まるということで、主にツイッターやはてなブログなどのSNSを介して拡散される時に使われることが多い言葉です。

 

同じSNSでの拡散でも、「炎上」はマイナスイメージで叩かれてしまう場合に使われますが、この「バズ」は逆にプラスのイメージで使われることが多い言葉ですね。

 

SNSを通じて拡散される情報は、リツイートやブックマークされることで、自演でない質の良い被リンクを獲得することができますので、結果的に初期のブログのドメインパワーを強くするという効果があります。もちろんドメインパワーが強くなるということは、狙ったキーワードで上位表示しやすくなり、さらにアクセスを集めやすくなるという相乗効果を生み出します。

 

1. Twitter

タイムリーな話題が拡散されやすいTwitterは速報系の記事を取り扱うトレンドアフィリエイトと非常に相性がいいとされています。ナチュラルな被リンクを獲得できるので、ブログの運営期間のハンデがない速報系記事は特に効果は高いと考えられます。

 

2. Facebook

Twitter同様に利用ユーザーの多いSNSです。ただ、Facebookの個人アカウントでの商用は規約違反です。Facebookページと呼ばれる専用ページを作成し、こちらに記事をアップするようにしましょう。

 

3. Google+

SNSとしてはまだマイナーで利用するユーザーが少ないため拡散効果はTwitterやFacebookには劣ります。しかし、やることのデメリットは何一つありませんので、多様性を期待して設定しておいていいと思います。

 

上記の3つを駆使すると、多くのユーザーの目に情報が止まることになります。特にSNSはアイキャッチ画像とともにタイトルで惹きつけることができるので、よりバズる可能性は高くなります。

 

記事タイトルの付け方

実践初期で身につけておきたい必須のスキルとして、記事タイトルの付け方もそのひとつです。これはキーワードを選定した後、ライバルチェックを行う過程でも活かされる知識なのですが、複合も含めたキーワードがタイトルに含まれているほど上位表示されやすくなります。

 

例えば「エクセル 関数 乗算」というキーワードを狙った場合は、「エクセルの関数を使った乗算で便利な使い方!」という感じですね。

 

ポイントとしてはメインキーワードをできるだけ左に配置し、キーワード間は必要最低限の接続詞を使います。文字数は視覚的な効果を高めるため、検索結果で1行に表示しきれる28文字以内を目安にします。

 

開始初期のドメインパワーで勝負ができる相手は、無料ブログだけと考えましょう。SeesaaブログやFC2ブログ、So-netブログなどの無料ブログが上位にランクしているキーワードがあれば、積極的に勝負していき、それ以外ではもう一語複合のキーワードを増やすなどの掘り下げが必要です。

 

初心者は迷いがちなのですが、「知恵袋」や「Q&A」サイトはライバルとしてカウントせず、無視して構いません!

 

コンテンツの改善

Googleのコンテンツの評価項目のなかには、滞在時間と直帰率も含まれています。

 

滞在時間は文字通りユーザーがあなたの記事に滞在している時間で、ユーザーがほんの数秒間で離脱するといった場合に、そのコンテンツは求められていないと判断されます。そして、その割合が高くなると直帰率も高まってくるという指標です。

 

対策の1つとして、YouTubeなどの動画を埋め込むことが効果的ですが、著作権など気をつけ無くてはならないものも多く、公式動画やオフィシャル表示のあるものだけを使うようにしましょう。

 

もう1つ滞在時間と直帰率の改善に役立つものとして、内部リンクの活用があります。ワードプレスなどでは、自動でブログ内の記事を関連記事として作成してくれるプラグインもあります。ちょっとした一手間でも、積もり積もって大きな違いとなりますので、面倒くさがらずに取り組みましょう。

 

内部リンク=関連記事と捉えられがちですが、記事中にアンカーテキストを使ってリンクを貼るほうが効果的だとするブロガーも多数います。考え方によっては、関連性のある記事を数記事まとめて執筆することもでき、一度の情報収集でも切り口を変えて数記事が書けるということですから、効率よく資産ブログを構築できるというメリットでもありますよね。

 

良質のコンテンツとは

アフィリエイトブログを執筆していく上で、多くの先人達が口をそろえて言うことは「いろいろな文章を読み、いろいろな文章を書く。その積み重ねでいい記事が書けるようになる。」という言葉。いわゆる良質転化の法則というものです。

 

アクセスを集めるためには、確かに最低限のツールやテクニックも必要ですが、本質的には「検索ユーザー」の役に立つ記事(コンテンツ)を書かなくてはなりません。

 

良質の記事を書くには、文章を書き始める前にしっかりとした構成を考え、なにを伝えたいのか、どのような順序で、どのようなボリュームで伝えるのかをイメージすることが大切です。よほど場数を踏んだブロガーであっても、いきなり白紙のテキスト入力画面に向き合って書き込む人は少ないはずです。

 

初めから上手く書ける人はいませんが、人よりも早く上達する人は「振り返り」を疎かにしていません。失敗を次に活かすためには、失敗に気づくかないことには始まりませんよね。誤字脱字のチェックはもちろん、最初のゴール設定から逸れていないか、似たような内容を繰り返していないかを校閲してから公開しましょう。

 

まとめ

こうして、いろいろなジャンルで文章の経験を積み、試行錯誤を繰り返すことで報酬への道は切り開かれていきます。決して一朝一夕に稼げるものではありませんので、「~するだけで〇〇万円」、「たった~で」といったキャッチフレーズに惑わされず、コツコツと積み重ねてください。

 

どんなビジネスでも共通する成功理論は、「最も大事なのは行動力と継続力」であるということです。そして「成功するまで失敗を続けること」ですね。

 

ここで私の大好きな偉人の格言を紹介しますね。きっと失敗をくよくよと引きずるのが馬鹿らしくなり、前をしっかりと見据える事ができますよ!

 

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ。」

 

「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。」

 

「失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。」

 

引用:トーマス・エジソン

いかがですか、紹介した私にも立派なブーメランですね。(笑)

情報商材はアフィリエイトで稼ぐ為に必要な物なのか?

ここでいう情報商材とは、何らかの情報を、『PDF』や『セミナー講演を収録したDVD』等の形で販売されているものをさします。

 

今の時代、情報なんて必要があればいくらでも無料で手に入れることができます。なのに、なぜ情報商材は必要なのか?私は情報商材をはじめて購入する前は、それをずっと考えていました。

 

情報商材は、普通の書籍やネット上で公開されてる情報にはない、匿秘性の高い情報が含まれている・・・とよく言われますが、そんなことはあまりありません。ないとは言い切らないですが、調べれば大抵わかります。

 

では、なぜ情報商材は必要なのか。ちょっと考えてみてみましょう。例えば、中古ドメインとは何か。ということについてグーグルで調べてみます。

 

今先ほど、「中古ドメインとは」で調べてみたところ、単的に中古ドメインについて詳しく説明されているサイトはぱっと見で見つかりませんでした。

 

中古ドメインを購入するときの利点や、購入方法・・・こんな感じで、ほしい情報は見つけられません。いや、しっかりと探せば、多分見つけることができます。でも、それにかかる時間がどれくらいかかるか・・・想像もできません。

 

一方、よい情報商材というものは、そのような情報について、整理された上で単的に説明されています。また、その専門家が確立したノウハウを一気に手に入れることができるというのも、情報商材の利点だと思います。

 

もちろん「情報」というだけならわざわざお金を出すまでもないかもしれません。でも、それをしっかり自分のものにして身につけることによって、稼げる可能性があるとすれば・・・?
買う価値があると考える人もいるのではないでしょうか。個人的な見解として、情報商材で購入する価値のあるものは、

  • ノウハウ化されている
  • 再現性がある
  • マニュアル化(簡単に作業できる)されている
  • 実際に実践者が成果を出している

このようなものが、情報商材として価値を持っていると私は考えます。

 

アフィリエイトの商材や教材またツール等のレビューサイトを参考にすればいいかと思います。

 

上記のリンクサイトでは、物凄い量の商材を実際に購入してレビューしているサイトなので、信用できるサイトになります。

 

ツイッターアフィリエイトで稼ぐ思考方法

ツイッターアフィリエイトで稼ぐ方法を解説していきます。ツイッターで稼ぐ為には、自分のアフィリエイトリンクが付いているツイート配信を多くの人に読んでもらう必要があります。どれだけ多くの人に読んでもらうかが、収益に直接的にかかわってきます。

 

これはサイトアフィリエイトでも同様ですが、アクセス数が多い方が収益発生率は高くなりますよね。サイトアフィリエイトの場合、検索エンジン上でより検索のしてもらいやすいキーワード選定を行い、SEO対策により上位表示を行いアクセスを集めていく方法となりますが、ツイッタアフィリエイトの場合、SEO対策は関係なく、キーワード選定もほとんど必要ありません。

 

なのでツイッターで稼ぐ為には、サイトアフィリエイトよりも知識が必要ないのです。それより行動や作業をしっかりと行っていれば収益は発生しやすいのです。ではどのようにツイッターアフィリエイトで自分の投稿ツイートを多くの人に見てもらうのかと言いますと、単純にフォロワー数を増やすことで読者数が増えていくのです。

 

このフォロワー数を増やす方法としては、一番はツイッター集客ツールを使うことで自動でフォロワー数を増やすことが出来るのです。では、ツールでフォロワー数を増やすことは出来るのですが、その他に必要な事と言えば、自分がツイートする数を増やすことも重要になります。

 

これは自動ボット等でもいいのですが、自分のツイートがしっかりと無ければ自動でフォロワー数が増えたとしても外されてしまいますね。またツイッター運用側からみてもおかしな状態として見られる可能性もある為、しっかりとツイートは行っていないといけませんね。

 

ツイッターアフィリエイトで稼ぐ思考方法

では、稼ぐ手順としての思考法としては、

  • アフィリエイトリンク1割、テーマに沿った有益な情報ツイート9割
  • 300以上でのツイートを行いボットにて自動化
  • ツールでの自動フォロワー数の増加

上記の3つを兼ね備えることがツイッターアフィリエイトにて成功する思考方法だと思います。サイトアフィリエイトよりも敷居は低いですし再現性も高いのでアフィリエイト手法としてはおすすめが出来るのは確かだと思います。

 

サイトアフィリエイトで恐れている事と言えば、ペナルティだと思います。ツイッターアフィリエイトでも同様に恐れていることは、ツイッター側からのロックやアカウント停止に当たります。そのような状態を避ける為にも、自動フォロワー数を増やすためのツールはしっかりとしたものを活用しなけれななりません。

 

市場に発売されているツイッターツールの中で一番ロックやアカウント停止の対策がされているツールが「フォローマティックXY」ですね。他にも複数ツイッターツールは発売されておりますが、凍結対策を優先事項とする際には、フォローマティックXyはしっかりと対策がされているので選択するべきツールです。

 

再現性を高いと言った意味でもフォローマティックXYを選択する意味があります。

文章自動作成ツールはアフィリエイトに使うのはペナルティを受けるから厳禁?

アフィリエイトサイトを作成するのに、文章を作成することが苦手な人は「どうにからくに文章を作成できないかな~」って思う人は多いかと思います。しかし、文章を作成するのに流行っている自動文章作成ツール等で記事作成して、報酬がでると思ったら大間違いです。

 

もし、文章作成ツール等で、成約に結び付けることが出来る記事が書けると思っている人がいたら、確実に購入しない方がいいと言えます。また、文章自動作成ツールはペナルティを受ける対象となると思っている人もいるかと思いますが、先に行ってしまうと、ペナルティをうけることはありません。

 

では、「文章自動作成ツールはアフィリエイトには使えないのか」って言えばそうでもないのです。下記で言う使い方に従えば、大きな効率化と効果をもたらすことが出来ますので、肝に銘じて下さい。

 

■ サテライトサイトのみで活用しましょう

メインサイトに文章自動作成ツールをつかってしまうと、意味は通るけど何を言いたいのかが分からないし、購入を促す文章を作成することはできません。なので、文章作成ツールを活用する場合、Googleに認識してもらう事が出来るけど、報酬に直接つながる文章ではない記事としてサテライトサイトに使用する方がいいのです。

 

■ 中古ドメインのドメインパワーを図る為の物

中古ドメインはアフィリエイターにとって、活用している人が多いかと思いますが、中古ドメインの威力が分からないことも多いのです。なので、初めに、ドメインの力を図る為にも、文章作成ツールで記事を数記事入れて、検索順位を図るのです。

 

あくまでも、中古ドメインを一度に複数取得する場合に限られているとも言えますので、アフィリエイトで経験が豊富な人にも限られていますね。

 

まとめ

文章自動作成ツールを使用する方法は他にもありますが、私が活用するなら上記の2つの場合がほとんどになります。そして、最も有効活用することが出来る方法とも断言できます。

 

文章作成ツールは複数市場販売されていますが、じぶんにあったツールを活用することが望ましいです。文章自動作成ツールを比較してレビューしているサイトで比較検討して自分にとって必要な物なのかを判断してもらえればと思います。

 

 

 

アフィリエイトは簡単?難しい?実践する前の心構え

アフィリエイトは簡単だという言葉をよく聞きますよね。一方で、アフィリエイトではまったく稼げない、難しい、意味がない・・・といったような言葉もよく聞くのではないでしょうか?

 

では、真実はどうなのでしょうか。私は、アフィリエイトは難しくはないけど、簡単でもない。と思っています。何というかいい方がわからないですが、稼ぐ方法をしっかりと理解してしまえば、簡単に稼げるわけじゃないけれど、あとは実践するだけで努力をすれば稼ぐこと自体、難しくない・・・っといった表現でしょうか。

 

ただ、アフィリエイトは副業感覚でするくらいなら、個人的にはあきらめたほうがいいと思っています。なぜなら、挫折するから。

 

趣味のサイトを運営して、ちょっとアフィリエイト広告をはる・・・それくらいであれば挫折することもないでしょうし、気軽にできると思います。

 

でもいざ、月5万円、10万円を副業、片手間で稼げるか・・?といえば、答えはNOですよね。もちろん、アフィリエイトで生活していくことも可能ですが、生活していくための金額を稼ぐのは相当な努力をする必要があります。

 

稼ぐためにはそれなりの努力が必要だということを、肝に銘じてください。

 

 

ページのボリュームを増やす為の3つの方法・思考

ページのボリュームを増やした方が検索エンジンからの評価が高まりやすいといわれています。

 

当たり前ですが、1ページのサイトよりも、4,5ページのサイトを作ったほうが、検索エンジンから上位表示されやすいんですね。

 

なぜなら、ページのボリュームが多いということは、検索エンジンからこのサイトはしっかり作っていると認識され、また内部リンクも増えていくからです。

 

では今回は、ボリュームを増やす際にどういう作りにすれば良いのかということをこのブログを利用して考えていきたいと思います。

 

まず、ページのボリュームを増やす際に考えられる方法は、

  • サブドメインを作る
  • 全部同じ階層にページを作る
  • ディレクトリ(フォルダ)を作り、その中にファイルを作る

主に以上の三つがあります。

サブドメインを作る

サブドメインは、基本的に
本ドメインと内容が異なるサイトを作るときに作成します。

 

全部同じ階層に個別ページを作る

全部同じ階層にページを作るのは、4,5ページの少ないサイトを作るときにお勧めです。

例えばアフィリエイトについてのサイトを作ろうと思ったときに、

トップ
物販アフィリエイトについて
ブログアフィリエイトについて
メルマガアフィリエイトについて

このような簡単なサイトを作るのであれば、わざわざディレクトリに分けると、不便だということです。

ディレクトリに分ける

ディレクトリというのは、フォルダなので、個別のページが増えた時はそのフォルダにまとめたほうが、見やすいというわけですね。

 

ページ数が増えてくると、全部同じページにまとめるよりも、

トップ
物販アフィリエイトについて
物販アフィリエイトの概要
方法
リスク
ブログアフィリエイトについて
概要
方法
リスク
メルマガアフィリエイトについて
概要
方法
リスク

このようにまとめたほうが、ユーザーからしても、検索エンジンからしても、わかりやすい構造ということになります。

 

単にページが少ない時は同じ階層にページを作り、ページが多くなるのであれば、個別にディレクトリを作るという考え方で良いと思います。

 

アフィリエイトが不労所得を可能とする理由

アフィリエイトって、知らない方多いと思うけど結構根気がいるんです。

・片手間
・不労所得
・ほったらかし

と魅力的な点はあるかと思うのですが、現実的に上記の状態で稼げている人は本当に少ないです。でも実際には、不労所得や片手間で稼いでいる人も多くいます。

 

その方たちはなぜ不労所得を手にすることができるのでしょうか?

 

不労所得の理由とは

それは、「継続してアフィリエイトしてきた」から。不労所得を手にするためには、そこにたどり着くまでの土台が必要。形づくりが必要なんです。つまり、ブログでいえば、「毎日の記事更新」。

 

毎日記事を更新していくのには、何か仕入れるネタが必要だし、それなりの手間と、根気が要ります。ですが、毎日更新することを続けれるようになれば、タイピングが早くなる。記事を書くのがうまくなる。どうすれば稼げるのかが見えてくる

・・・そして、検索エンジンからの評価が高くなる。一度続けてやれば、見えてくるもの。継続するのは、ぶっちゃけかなり大変です。目的もなく、継続すると、必ずと言っていいほど失敗します。

 

でも、継続した先にある答えを知ったら。これは、自分でやってみないと絶対にわからないものだと思います。少しは続けることの意味がわかりましたか?

 

 

 

 

記事を書く際に重要な思考戦略

あなたの記事、しっかり読んでもらってますか?

 

今日は、ブログやメルマガで文章を書いていくにあたって、「読んでもらえる記事」ということに焦点を当て、一体どのようなことを書いたら、どのように書けば読んでもらえるのかを考えていきたいと思います。

 

まず、ブログにしてもメルマガにしても、最初にわかっていないといけない前提があります。。それは・・・「読者は忙しい」ということ。

 

少しでも時間がなかったら、その記事を読む意味はなくなります。ちょっと人に呼ばれたら、大したことが書いてなければそのブログ記事は読まれません。いくら検索して調べてきても興味をひいていなければ、ふとしたきっかけでブログを閉じられてしまうのです。

 

だから、ブログの記事を書いていくときには、「あいて(読者)に興味を持ってもらえるようなこと」を書くのが、大前提。もっと前提を言えば、「読んでもらえない」ということを、常に頭に置いておくべきです。

 

ブログ記事をしっかりと読んで貰う方法

では、興味を引けば読んでもらえるのはわかったけれども、
いったいどのように書けばよりしっかりと記事を読んでもらえるか?

 

まず、当たり前ですが、見やすいということ。例えばこの記事では、小見出しを付けて、できるだけわかりやすいようにしています。

 

この見出しがあれば、記事を読むときに、読みたい部分にすぐに触れられますよね。

 

文章を書くときのテクニック

ザイオン効果ってご存知ですか?日本語でわかりやすくたとえるならば、「単純接触効果」です。単純接触効果を更に砕いて言うと、人は何度も同じものを見たり聞いたり、使ったりすることによってそのものに対して愛着を感じやすくなる。という効果。

 

人と人が何回もあっているうちに自然と仲良くなるのと同じような感じですね。経験はないでしょうか?はじめて聞いたときは特に印象がなかった歌がいつの間にかお気に入りのものになっている。。

 

このアニメ面白くないと思っていてもなんとなく見続けていたら、実はかなり面白い気がしてきた。。。これらには少なからず、ザイオン効果の影響があります。

 

これをアフィリエイトに応用するとどうなるか。メルマガだったら・・・何度も記事を書くにつれて自然と興味を持ってもらえます。ブログだったら・・・いろんなところにコメント周りしたり、ランキングに上位表示されるにつれて、そのブログは良いものだと勝手に判断してもらえます。

 

記事の中でも同じ商材を何度も紹介することによって、その商材がよいものだと思ってもらいやすくなったりもします。あとは自分の戦略に、組みこんでみてくださいね~。

 

記事作成の際に全体像を意識する思考法

人に何かを「伝えたい」ときに、実際に試行錯誤して「伝える」わけですが、気を付けたほうがいいポイントというものがあります。

 

気をつけるべきことは、実際にはかなりたくさんあるのですが、以下のポイントに絞って、お話していこうと思います。

 

全体像の見せ方

伝えるときに大切なこと、それは「全体像」です。小学校の作文を書くときに、「最初に全体像を話しましょう~」みたいなこと、言われませんでしたか?

具体的には、
—————————————————–

こういうテーマで話しますよー

3つのポイントがありますー

・一つ目は・・・
・二つ目は・・・

つまり、こういうことなのです♪

—————————————————–

・・・とまぁ、こんな感じでまとめてあげれば、相手にとってもかなり分かりやすいのではないでしょうか?

 

コツは、
 「全体像」→「各論」→「結論」

 

例外として、全体像の中に、結論を入れるという方法もあります。

 

つまり、話を聞いてくれる相手の方は、暇なわけじゃないですし、そもそもわかりやすく説明しないと、理解できないことが多いのです。

 

なので、何かを伝えたい!と思った時には、一度内容を整理してから伝えることが大切なんですね。

 

 

情報商材市場の価値観に惑わされないで!

情報商材だと、1000円の値上げというものがよくあります。また、1000円での販売というものもよくあります。

 

・・・そういうものばっかり見ていると、どうしても「1000円」が安く見えてしまいます。

 

でも、1000円って普段の生活でいえば、

  • 時給1000円のバイトをすると、1時間も働く必要がある。
  • 何かものを配送することができる。
  • 夕食なら一食外食することができる。
  • 情報の詰まっている本が一冊買える。
  • ひとつのドメインが購入できる。

・・・まぁ、ちょっとだけ見てみても、これだけのことが上がってきます。これだけみても1000円に価値があまりないと思いますか?1000円は、アフィリエイトの環境にいるとどうしても安いものだと考えてしまいがちですが、実際には大きいもの。

 

ずっとネットビジネスの環境にいると、値段を安くとらえてしまいます。今一度本当にその商材に1000円の価値があるのかどうかをしっかりと判断しないとただの衝動買いになってしまいますよ。

 

何が一番無駄なのかって言いますと、得られるものが少ない教材のインプットに時間を取られることですから、安いからって購入を決めてしまわないようにしましょう。ネット市場ではなく、一般市場の価値感覚を忘れないようにしましょう。