記事作成の際に全体像を意識する思考法

人に何かを「伝えたい」ときに、実際に試行錯誤して「伝える」わけですが、気を付けたほうがいいポイントというものがあります。

 

気をつけるべきことは、実際にはかなりたくさんあるのですが、以下のポイントに絞って、お話していこうと思います。

 

全体像の見せ方

伝えるときに大切なこと、それは「全体像」です。小学校の作文を書くときに、「最初に全体像を話しましょう~」みたいなこと、言われませんでしたか?

具体的には、
—————————————————–

こういうテーマで話しますよー

3つのポイントがありますー

・一つ目は・・・
・二つ目は・・・

つまり、こういうことなのです♪

—————————————————–

・・・とまぁ、こんな感じでまとめてあげれば、相手にとってもかなり分かりやすいのではないでしょうか?

 

コツは、
 「全体像」→「各論」→「結論」

 

例外として、全体像の中に、結論を入れるという方法もあります。

 

つまり、話を聞いてくれる相手の方は、暇なわけじゃないですし、そもそもわかりやすく説明しないと、理解できないことが多いのです。

 

なので、何かを伝えたい!と思った時には、一度内容を整理してから伝えることが大切なんですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です